ラクトフェリンで、貧血予防

ラクトフェリンが貧血が回復したという調査結果があります。
ラクトフェリンは、その名前の通り鉄と結合しやすい性質がありますので、摂取することで体内に吸収されやすくなります。

また、ウイルスが腸内の悪玉菌は鉄を必要とします。それを奪う事で増殖を抑える事が出来るのです。善玉菌は増殖に鉄は必要としないので、手助けする事になります。
もともと鉄が多い食品と言えばレバーですが、嫌いな人も多くなかなか難しいのが現状だと思います、貝類や納豆にも多く含まれますが、食事だけで1回の推奨される量を摂取するのはなかなか大変だったりします。

ですので、食事とともにラクトフェリンを摂取することで、効率的に鉄分を吸収させることができるので、貧血の予防や回復に繋がる事が出来ます。
ラクトフェリンを積極的に摂って貧血予防と回復に努めましょう。
悪玉菌が鉄を鉄を利用できなくなり、貧血予防に使われるのは、非常に合理的かつ効率的な作用であると思います。