ラクトフェリンとは?

最近、テレビのコマーシャルなどでも話題のラクトフェリンですが、どうして注目されているのでしょうか。
その人気の秘密を紐解いてみたいと思います。

まず、そもそも、ラクトフェリンとはなんでしょうか。
ラクトフェリンとは、1939年にヨーロッパの学者によって牛乳に含有されている微量のタンパク質として発見されました。
鉄と結合しやすいことから淡いピンク色をしており、赤いタンパク質とも呼ばれています。
その名前も、フランス語の「ラクト=乳」と「フェリン=鉄」からつけられました。
鉄分の吸収を高めたり、細菌などの病原菌が感染するのを防ぐ働きがあったりと、健康維持への効果が注目され、サプリメントを摂取する人が増えているようです。

多くの哺乳動物の母乳に含まれており、人間の場合は出産してから1週間ほどの初乳にもっとも多く含まれ、その量は牛乳の約10倍ともいわれています。
免疫力の弱い生まれたばかりの乳児が細菌感染などの外部からの攻撃から守られるのは、母乳にこのラクトフェリンが多く含まれているおかげと言えます。

Comments are closed.